シカゴ大学フェロー大安売り!! V.1.2.3.4.5.6.7

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 医学論文を書いていると、何をどう書いたらいいか全然頭に浮かんでこなくて書けない時と、書きたいことはわかっているのだが上手く英語に変換できず書けない時、書きたいことや書くべきことが頭の中に次から次へとひっきりなしに浮かんで上手く話がまとまらず書けない時など、結局ほぼ常に「書けない」状態が普通です。そんな時は「日本語で書くならいつでもすぐにスラスラ書けるのになあ…

伝承伝統 V.9.5.9.4

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 私は「餅は餅屋」理論崇拝者です。素人が下手に何かするよりその道のエキスパートに任せた方が良いに決まっている。医療の現場においても同様に思っています。特に自分自身がトレーニングを通して専門性を高めていくにつれその思いは強くなってきました。一人の患者さんの治療に対しても様々な専門分野が存在しそれぞれのエキスパートが自身の仕事・責任をきっちり全うすることでより良い…

バターサンド V.7.7.4.7

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 箇条書きって素晴らしい。 ダラダラと講釈をたれなくて済むし、読みやすく要点を理解しやすい、かつ話題が変わる場合も前振りやつなぎを入れなくて済む。随筆という書き方もあるが、なんでも思いつくまま書けばいいと言うことでもなく、おそらくちゃんと読みやすく書くにはより高度な技術を要するに違いない。 話が長い、同じことを何度も言ってしまう(ただしお笑いにおけるテクニック…

魔王「ちゃんと提案はある、代価は私に払える全て、つまり私自身だ。これだけは私の意志で捧げられる。お願いだから私のものになってくれ」勇者「お、おま、何を言っているのかわかっているのか?」魔王「交渉の提案だ」ブログ V2.9.9.3

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 太田 「あ、もしもし、先生何してんの?」 北原 「あ、まあいろいろしてますけど」 太田 「ECMOはもうその辺でええからオフィス来てよ」 北原 「いや、ECMOしてませんし」 太田 「まあまあ、別に恥ずかしがらんでええから」 北原 「や、そういう問題ではないんで」 太田 「とりあえず緊急のミーティング!」 北原 「はい、とりあえずオフィスいきます」 コンコン…

原点回帰 V.2.6.7.7

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 麻雀はおもしろい。奥が深い。頭の体操に良い。そして手術と似ている要素がある。 医師になって以来、卓を囲んではいませんが、大学時代は気の置けない仲間とよく麻雀をしていました。いつもほぼ同じメンツでしたが、いわゆる麻雀が強い人と一緒にずーっと打っているとだんだん自分の実力が強い人に近づき打ち筋も似てきます。最終的には実力が拮抗してきます。それでも頭一つ抜きん出て…

。。。。。 V.9.9.2.1

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 ちょっと投稿。 年に1−2回しか走らないマラソンの話です。 マラソン中は一人ぼっちですごくヒマです。 1−2時間に一度くらい 「。。。。ふうぅぅー。よしっ。。。」って言ったりします。 周りにはたくさんの観衆とランナーがいるのですが、すごく孤独です。 たとえ一緒に走る人がいても、しんどくて喋る元気はないのですが、走り終わって感想を聞かれるといつも 「しんどかっ…

幽体離脱 V.2.2.7.9

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 誰でも自分の今の環境、状況が一番だ。と思いたいという欲求を常に持っていると思います。 アメリカ人はUSAがなんでも一番だと思っている。関係あるかどうかはわかりませんが、国際電話の国番号は1、DVDのregion codeも1。日本人は日本の科学技術が未だに世界一で欧米人より手先が器用であると思っている。みんなそう思うことで自分の中の何かを守りかつバランスを保…

すぅくぅあぉぁらぅえるぅぅ V.1.7.8.3

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 逆であるからといって、必ずしも逆のことをすべきとは限らないが、ちゃんと逆であることを認識しそれぞれに対応する必要はある。そして、その異なる対応でも大抵の場合同じゴールに到達する。ん?よくわからん。 文化の違いはその最たるものではないでしょうか。 アメリカ:Do you want to be grounded? (外出禁止にするぞ!) 日本:「もうお前などうち…

欲しがりません勝つまではブログ V3.3.5.6

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。   最近ごく稀に講演を頼まれたり、留学を志す熱い(時には暑苦しい)先生方と話をする機会があります。大概はずっとしょうもないことをしゃべってます。しかしたまに真面目な話題を振られると、このブログでもたまに言及していますが、具体的な目標を設定する大切さを説いています。これは単純に10年以上アメリカで四苦八苦してきた私自身の経験に基づくものです。特に1−…

マハホリッチブログ V3.3.3.3.4

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。   人間のそれを超える人工知能(AI)を開発した場合、その後人間は考える必要があるのかどうか?なかなか難しい問いだと思います。自分が下手に考えるより、自分より優れたAIに考えてもらった方がいいような気がします。野球の名監督が必ずしも野球選手として優秀でない(なかった)ように自分の実力を超えた人物をさらに成長させるのは可能なのでしょう。しかし、心臓外…