クリスマス

2017-12-05

タイの中村です。

12月に入りタイも気温は28度以上ありますがクリスマスモードになってきました。商業施設ではあちらこちらでクリスマスの飾り付けが行われ始めています。

写真は近くの商業施設に作られたクリスマス用の白熊です。5mくらいはあるでしょうか。その周りにはトナカイなども飾られ、タンクトップや短パン姿の人たちが写真を撮っています。そして、その周りで踊っている人たち(主に西洋の方)がいます。

日本ではサンタはトナカイに載って来るというのが定番かと思いますが、タイでは自転車や象に載ってくるそうです。

dav

dav

 

 

 

 

 

話は変わり

現在タイには4人日本から心臓外科で留学しています(多分)。

先週そのうちの3人で飲み会をしました。バンコクの日本人町には日本食の店がたくさんあり、店によってはその質は日本と変わりありません。しかし、なかなか行く機会がなく僕にとっては1年9か月ぶりの居酒屋となりました。

お茶漬けが胃に沁みわたりました・・・

dav

卒業年度:2002年
留学前勤務地:昭和大学江東豊洲病院
留学先:Central Chest Institute of Thailand (CCIT)
所属:Clinical Fellow

2016年4月よりタイにあるCCITに留学しています。CCITはバンコクの隣ノンタブリ県にあり
年間約1000例の開心術を行っています。この病院には僧帽弁の形成術で有名な
Dr.Taweesakがおられ、僧帽弁形成術の割合がタイの他病院に比べて高くなっています。
リウマチ性僧帽弁狭窄症に対する形成術も積極的に行っています。月曜日から水曜日までは
基本的にDr.Taweesakの手術に入り形成術の手技について学んでいます。
木金は他のstaffの手術に参加しています。現在、毎週6~10件の手術(胸部疾患含む)
に参加しています。現在タイには私以外にも留学されている先生方がいらっしゃいます。
施設により研修内容が異なるので、その先生方の記事も含めて情報を発信していけたらと
考えております。どうぞよろしくお願いします。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です