どうも8

2017-12-29

お邪魔いたします、テキサスの大野です。

 

アメリカ留学を真剣に考え始めたのが、ちょうど今から10年ほど前の医者5年目、、、

いつか自分もアメリカでClinical Fellowをしたい!

患者の右側に立ってLVADや心臓移植をしてみたい!!

その頃は、アメリカでClinical Fellowをされている先生方は数えるほどで、みんな自分のスーパースターでした。Attendingとして活躍されている先生方に至っては、神様のような存在でした、、、

 

先日、そのスーパースターのひとり??である、シカゴ大学の変態仮面から、アメリカで臨床をしている心臓外科医のリストが送られてきました。

その数、なんと60名!

そして驚くべきことに、うち30名がAttending Surgeon!!

名前をよくみると、近いうちにAttendingとなるであろうFellowの先生が10名ほど、、、

10年前は、アメリカでClinical Fellowしただけでスター扱いだったのに、、、

 

こうなってくると、アメリカでClinical Fellowをしたい!だけじゃもうダメだ、、、

日本に帰ってもダメだし、アメリカでAttendingになるにもダメダメだ、、、

どうする、日本の若手心臓外科医!?

 

気にしないでください!

いい心臓外科医になる事だけを考えてアメリカに来てください!!

今も昔も、いい心臓外科医への道は同じです!!!

多分、、、

 

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメント

  • Takebe 2017-12-29 at 10:42 PM

    そんなにいましたっけ?
    人間、欲が出るもんですね笑。とりあえず、次5年はいっぱいオペを一人でするのが目標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です