Certified copy of passport(パスポートの写し証明)とは

2018-01-28

今週末はニュージーランドは三連休です。そのせいか研修医達が休みになっており、私たちレジストラ(研修医とコンサルタントの間の立場)が休日出勤して働きます。なんとなく釈然としませんが、研修医の権利が守られているのはそれはそれでいい事なのかもしれません。

今回はCertified copyについて軽く説明します。

オーストラリアやニュージーランドで働くためには、Certified copyというのを提出しなくてはいけません。Certified copy of passportであればパスポートのコピーをとって、それに原本と相違ない事を証明するスタンプを押してもらわなければいけません。また、Certified copy of primary degreeであれば、医科大学の卒業証明書(Bachelor of medicine, 学士, Gakushi)をコピーして、それにスタンプを押してもらわなければなりません。日本ではあまり馴染みがないので面倒に思われるかもしれませんが、AUやNZでは普通の事みたいですのでしょうがありません。日本ではオーストラリア大使館などに行けばやってもらえます。6000円ぐらいかかってしまいますし、大使館の開いている時間も長くないので少し厄介です。一方、AUやNZではその証明をする資格を持っている人が結構沢山いるせいか、所定の場所(Justice and Peaceというところ)にコピーを持っていけば無料でやってくれます。

 

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です