ニュージーランドの日本人医師・看護師 

2018-02-09

ニュージーランドには意外と日本人医療従事者がいます。看護師さんは2~3病棟あたり1人くらいいるんじゃないかと思います。患者さんの同意書をとりにほかの病棟に行った時などに、その患者さんの担当の看護師さんと話をすることがあるのですが、何となく日本人の英語っぽいなと感じて、それとなく名札を確認して、一通り会話が終わった後に、「もしかして日本人の方ですか・・・?」と聞いて、相手からも「そうなんです。私もそうかなと思っていました。」と返ってくるというようなやり取りが今までに5回ぐらいありました。日本人と英語で会話する気恥ずかしさやもどかしさと同時になんとなくほっとする嬉しい感じを覚えます。次からその病棟に行くハードルがぐっと下がります。

先日は、移植に行く飛行機の中で、日本人の腹部外科の臓器移植のコンサルタントの先生にお会いしました。同じ病院にいらっしゃるのに知りませんでした。とても心強く感じました。他にも感染症内科や麻酔科でコンサルタントをされている日本人の先生方が他の病院にいらっしゃるようです。いずれお会いして色々と教えてもらいたいと思っています。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です