バイパス手術中に昨日の移植のことを周りでがやがや言ってて集中できないけど手術

2018-03-01

今日はバイパスの手術でした。バイパス中、周りががちゃがちゃと昨日の心移植した人が調子悪いとか、なんか血腫が左房の裏にあってそれが原因でタンポになってるとか、再手術しないととか言ってました。胸を閉めた自分としては、そもそも輸血できない人だったので、これでもかというくらい血を止めましたから、そんなことはありえない、と思ってました。えらく集中力をそがれました。手術の終盤、ラザ(同僚)のガウンが短い、と話題になりました。ラザのガウン、ミニだね、ミニ、と看護師がキャッキャ言ってました。ラザは上機嫌に、ミニは好きかい、とお尻を振りながらちょけてました。僕は小さな声でミニ イズ ベター ザン ロングと言ってみました、が誰にも届きませんでした。えらく集中力をそがれました。そうこうしてる間に手術終わりました。

 

 

 

北原 大翔先生への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com 電話:312-838-0406

 

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です