デイビッドもジェイミーもいないので久しぶりにチーフの手術

2018-03-06

久しぶり(2ヶ月ぶり)にチーフの手術に入りました。CABGと左室瘤閉鎖でした。というのも普段はデイビット(よくわからないおっさん、クリニカルアソシエイト、チーフの手伝いしてる)とジェイミー(同期フェロー)ががっちり脇を固めており、ラザ(クリニカルアソシエイト)がその隙間にもぐりこんでいるので、僕の入る隙はほんとになく他のオペに入っているのですが、今日はたまたま前の二人がおらずで入ることになりました。バイパスの吻合ですが、普段どおりやろうとすると、“あーもう、深すぎ、深すぎ、組織とりすぎ、あーもうそっち薄すぎ、薄すぎ、あーもうロックしてるロックしてる”となかなか許してもらえませんでした。そのかわりかはわかりませんが、普段出まくっている吻合後の出血が全くでていませんでした。不思議です。その後閉胸をジョンG(レベル95のPA)とラザ(レベル3のクリニカルアソシエイト)に任せ、僕(レベル5のフェロー)はTECAB(ロボットバイパス)に流れるように入りました。手術中ロザンナ(オペナース)から局所麻酔中に徐脈になった人がいたんだけど、そういう時どうすればいい?、とわりとどうでもいい質問をされたので、起こしたらいいんじゃない、と言っておきました。そしたら、うん、私起こしたよ、と言ってました。そうこうしている間に手術終わりました。

 

北原 大翔先生への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com 電話:312-838-0406

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

2件のコメント

  • 北原 大翔 2018-03-06 at 10:45 PM

    ありがとうございます。シリーズの最終回は近日中に掲載します。手術シリーズは申し訳ないですが続けさせてください。
    Tシャツですが、メールに直接ご連絡を頂ければ手配いたします。

  • YT 2018-03-06 at 10:08 PM

    いつも 楽しく 読ませていただいています  エネルギーと(若さ)をもらえる気がするブロクです
    ところで そうこうしている間に…..手術が終わりました のパターンもいいですが 
    私が今 最も気になっているのは エクモスペシャリストのパムシリーズの 恋の行方です その最終回を読むために 毎回ブログを開き 進展がなくて 申し訳ないですが、がっくりきます  留学ブロクの枠組みにとらわれず そろそろ恋の行方を聞かせてください あるいはお相手の写真みたいです あとTシャツほしいです 私の職場にもあのTシャツをもっている輩がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です