フランク回診

2018-03-10

ブリスベンの病院もオークランドの病院も回診が非常にフランクです。

特に休日は、Tシャツ、短パン、サンダルという格好で回診をしている医師がいます。患者さんはそれを見ても特に気に留める様子はありません。むしろ、休みの時までわざわざ会いに来てくれてありがとうと言っていたりします。

文化の違いを感じます。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

2件のコメント

  • OTA 2018-03-12 at 9:38 AM

    私が神戸大学病院に在籍中に、大北教授がアロハシャツに黄金の聴診器を持って休日回診していたのを思い出しました。

    • 月岡 祐介 2018-03-14 at 5:49 PM

      アロハシャツに黄金聴診器!日本でもそういう方がいらっしゃるのですね。勉強になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です