海外旅行記1: エジンバラ(スコットランド)

2018-03-13

はじめまして。先日のブログにて御紹介頂きました星です。

北原先生のリクエストがあり、北原先生との御相談の結果、海外旅行記を書かせて頂くこととなりました。

3年前の夏の終わりに僕はスコットランド〜デンマーク〜ノルウェー〜スウェーデン〜フィンランド〜オランダという総移動距離約5500kmという旅をしました。

スタートはスコットランドの首都エジンバラでした。このエジンバラで僕はEdinburgh Military Tattooというイベントを観に行きました。いわゆるスコットランドっぽい格好をした人がパフォーマンスをするイベントです。

 

会場(エジンバラ城)に入り指定された席に座って開始を待っていると諸注意のアナウンスが始まりました。それが一通り終わるとアナウンスのテンションが一気に上がり

「みんなはどこから来たんだ?国を言うから大きな声で返事をしてくれ!!」

と謎の点呼が始まりました。

「スコットランド!!」

(イェーーーイ!!!)

「イングランド!!」

(イェーーーイ!!!)



ヨーロッパ 北米 南米 中東と、国や地域毎の点呼が続くもなかなか呼ばれない日本。



そしてついに

「日本と韓国!」

(シーン)

日本人と韓国人周りにはゼロでした。南米も中東も中国も結構声が聞こえていたのに。

ともあれパフォーマンスは進みに最後に御起立下さいのアナウンス。何が始まるのかと思えば、手を繋いで英語であの「蛍の光」の大合唱。うにゅうにゅ言ってやり過ごしました。

ちなみに、スコットランドの英語はrを全部ルと発音するようで聞き取るのが大変でした。
(ex. バーベキュー→バルベキュー)

こうして僕はエジンバラからデンマークへ向かいました。

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です