大動脈弁置換術をロボットでやる手術

2018-04-26

ある日、大動脈弁置換術をロボット使ってやる手術をしていました。やり遂げた後のロボ外科医がとても満足げでした。なんかこう、こぶしとこぶしをあわせる、みたいなのを皆にしていました。うれしそうでした。

どうでもいいですが、移民局からあと10日でアメリカから出て行ってくださいね、という軽いタッチのメールが来ました。うそだろ、と思って色々調べたところ、2月に日本に一時帰国した帰り、アメリカ入国時にスタンプを押されるのですが、そこでビザなし男さんとして認識されてしまっており、3ヶ月の滞在しか許されない感じになっていたみたいなのです。とりあえず移民局にいってみますが、最悪アメリカから追い出されるかもしれません。

 

北原 大翔先生(m3.comでコラム、MediGateで週刊北原を連載中)への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

4件のコメント

  • KO 2018-04-26 at 8:11 PM

    ほなこっちで部屋探しといたるわ。ゴールデンウィークあけから出勤でええわ。

    • 北原 大翔 2018-04-26 at 9:45 PM

      いや、ありがたいですけど、ちょっと待ってください。

  • 北原 大翔 2018-04-26 at 9:43 AM

    全力を尽くします。

  • takebe 2018-04-26 at 9:26 AM

    それはすごいねー。
    VISA気をつけなー。全力を尽くしたら方がよいよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です