なんかいいことあったのかなと思った手術

2018-05-04

ある日、ロボットで冠動脈バイパスをたくさんする手術がありました。いつもは「もう充分じゃない」、「フロー負けしちゃわない?」、「ここの血管は小さすぎない?」と少ないバイパスの数で終わらせようとロボ外科医をコントロールするマッケンジー(ロボPA)ですが、今日はなぜか「そこはつなぐべきでしょ」、「あと一本いっとくっしょ」となんかテンション高めでした。結果めちゃくちゃたくさん血管つないでいました。みんな満足。そして手術終わりました。

 

北原 大翔先生(m3.comでコラム、MediGateで週刊北原を連載中)への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です