おそらく厄日であったであろう手術

2018-05-11
  1. ある日、バイパス、大動脈弁置換術後の再大動脈弁置換、大動脈置換をする手術がありました。チーフとの3週間ぶりくらいの手術でしたが、なぜかその日はご機嫌で「これはこういう風にするんだぜ」とか、「ヒロ、この前はありがとな」とか、なんか優しめでした。僕は人の優しさは基本的に疑ってかかる体質であるため、逆に不安な気持ちでいっぱいでした。その後、タオルクリップで人工心肺のチューブに穴があいたり、途中で「ちょっと俺のほうから縫わせてみ」と言って縫った針をいきなりダメにしたり、「これは俺のスティッチが原因で血でてるから俺の方からリペアースティッチかけるわ」といってさらに出血させてたりしてしました。最後にはチーフお得意のクランピー(冠動脈へのAirなどが原因で右室の動きが悪くなっているような人に対して、大動脈を遮断して心臓からの拍出を全部冠動脈に流し込むという荒技、大好物)により大動脈の人工血管につないだ静脈グラフトから鬼のように出血しだし、「ファック」と言っていました。いつものチーフだな、と思いなんだか安心しました。手術うまい人でもこういう日あるんだな、と思いながら手術は終わりました。

 

 

北原 大翔先生(m3.comアゴラでコラム、MediGateで週刊北原を連載中)への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です