素顔のマッケンジー手術

2018-05-31

ある日、手術の95パーセントはロボット手術であるロボ外科医のロボット使わない通常の手術(バイパスと弁)に入りました。手術中なにかと「ヒロ、再開胸どうやって開けてる?」「人工心肺いつ回す?」「足からカニュレーションした方がいいかな?どうしよ」と優柔不断の質問マシーンと化していました。この人、普通の手術できないのかな、と思いましたが、めちゃくちゃ上手に手術してました。何も知らないように見せかけて、実はできるというドッキリでした。

ロボ専属PAのマッケンジーはいつもメガネをかけているんですが、その日は拡大鏡をつける必要があり、コンタクトにしていました。素顔のマッケンジーを見ました。同い年の彼女が少し大人っぽく見えました。手術は終わりました。

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

4件のコメント

  • KO 2018-06-01 at 2:11 PM

    おばはんやと言うことをいいたいんやね

    • 北原 大翔 2018-06-01 at 9:07 PM

      ちゃいます。ふだん眼鏡かけてる人が眼鏡外した時にドキッとするということです。

      • KO 2018-06-06 at 1:41 PM

        自分より大人っぽいんやろ。おばはんやんか。

        • 北原 大翔 2018-06-06 at 8:41 PM

          普段わりと幼く見えるからかもしれません。また、外人はメガネを外すとインパクトが大きくなる印象があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です