ワシントン大学の関連病院でインタビュー2日目@セントルイス

2018-06-05

昨日晩飯時にやや飲み過ぎてしまったため若干二日酔いで気分悪めでしたが、インタビューは朝早くから始まりました。ダミアーノというワシントン大学のチーフがホテルまで迎えに来てくれました。ベンツのオープンカーに乗っていました。オープンしてました。すごくカッコ良さげでした。その後フェローの朝レクチャーみたいなのを聞いてから、各ドクターとの面接といった感じでした。が、やたらとみんな忙しそうで、ほとんど話す時間なく終わりました。

その後関連病院に移動しました。ワシントン大学から関連病院までは車で20分くらいでしたが、トランスポートのドライバーのねえちゃんがずっと「グッドネス」「グッドネス」と話の最後に必ず「グッドネス」を添えてたのが印象的でした。おそらく「オーマイグッドネス」の略なのだと思いますが。関連病院はなんか全く人気がありませんでしたが、それでも1人のサージャン+大学からのヘルプで270例くらいは心臓手術をやってるみたいでそのギャップに驚きました。なんとなくそこのボス(マンファさん)、循環器の気のいいおっさん達、麻酔科、パーフュージョニストと話をして終わりました。どんな返事が来るか楽しみです。

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

2件のコメント

  • 北原 大翔 2018-06-05 at 10:51 AM

    いい返事がもらえるといいんですが。

  • takebe 2018-06-05 at 10:10 AM

    すごいねー!セントルイスでかいやろし、いいジョブやないか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です