インド人達の隠し事

2018-06-07

インド人同僚は5人いるのですが、みんなマルチリンガルです。ヒンディ(インドの標準語)・出身地方の言語・英語の3言語は最低限話せるようです。すごいですよね。

そんな彼らは、あまり人に知られたくない話題を話すときはヒンディを使います。そして、同じ出身地のインド人同士で秘密の話をする時は出身地の言語を使っています。何の話をしているのかは分かりませんが、噂話や不満について語っているようです。

面白いのは、他の人は全く分からないから大きな声で話せばいいのに、ちゃんとコソコソ話にするところです。少し可愛いとすら思えてきます。

そんな私もしばしば病院でこのブログを書いているのですが、「何書いてるの?」と聞かれた際には「日本語の論文だよ。大動脈解離についての。」とか答えています。

参考までにインドの言語がそれぞれどれくらい違うかを示します。参考にしてください。

同じ意味の事を書いているらしい。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です