見学の学生さん

2018-06-09

結構いろんな国から見学の医学生さんが来ます。レジストラにランダムに割り当てられます。

数か月前に約一カ月間、ヨーロッパ(非英語圏)から透き通るような美人の医学生さんが見学に来て私に割り当てられました。どこまで手技をやらせていいのかわからなかったので、そういうルールに詳しい事務員のシルビアに聞いてみたら、「ユースケの自由だよ」と言われました。そもそも冠動脈がいくつあるかも知らない学生さんにどれくらい何をやらせるのがいいんだろうと思っていたところ、上司のナンドが「今日はユースケ手術始めといて。学生さんと。」と言いました。

解剖などを説明しながら、クロスクランプまでしてCPを入れ始めた時にナンドが入ってきました。ナンドが学生さんに「ユースケはちゃんとやってた?」と聞いたら、「ユースケ結構良くやってたわよ!Well done!」と上から目線で言いました。イラっときてもおかしくない発言ではあったのですが、仕草が可愛かったし、ウィンクまでしてくれたので、ナンドも僕もデレーっとして、手術はいつも以上に快調に進行しました。

手術後、器械出しの看護師さんと外回りの看護師さんがやってきて「ああいうの許したらだめよ。イラっとするわ。」と言ってオペ室を出て行きました。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

2件のコメント

  • takebe 2018-06-11 at 12:55 AM

    かわいいとなんでも許されるのは世界共通なようです。

    • 月岡 祐介 2018-06-13 at 4:41 PM

      びっくりするくらい綺麗な人ってたまにいますよね。外国の女優さんみたいな。つい何でも許してしまいます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です