第一条(名称)

日本語名「若手心臓外科医の会」、 英語名: Japanese Association of Young Cardiac Surgeons (JAYCS)

第二条(目的)

  1. 日本の若手心臓血管外科医の技術と知識の向上を目指す。
  2. 地域や医局の垣根を越えて議論する事により日本の若手心臓血管外科医全体のレベルアップを目指す.
  3. 若手育成において指導的立場の講師を招き講演していただくことにより、若手心臓血管外科医の意識向上を即す。
  4. 心臓血管外科における指導医と修練医の双方の立場を尊重し,より良い医療を提供する。
  5. 国際的視野から日本の社会的背景を考慮し,効率のよい医療制度を検討する。
  6. 日本の若手心臓血管外科医間の交流・意見交換の場を提供する。

第三条(事業)

  1. 若手心臓血管外科医の知識向上,会員相互の意見交換を目的とした研究会の開催(年2回 )
  2. 若手心臓血管外科医の手術手技向上を目的としたウェットラボ研究会開催 (年1回)
  3. 情報公開および意見交換 心臓血管外科領域の若手医師および医学生に有用な情報をウェブ上で公開し,会員限定サイトにおいて意見交換する

第四条(会員の種類)

  1. 本会は第二条の趣旨に賛同する個人会員(若手医師会員および医学生会員),ならびに企業の賛助会員で構成する。
  2. 若手医師会員は卒業後15年目までの心臓血管外科医とする。
  3. 卒業後16年目以降の心臓血管外科医はアドバイザーとして個人会員に助言できる。

第五条(世話人)

本会の目的を円滑に遂行する為に以下世話人を置く。世話人の任期期限は設けない
代表,副代表,世話人は世話人会で決定し,代表世話人が委託する

  1. 代表世話人 1名
  2. 副代表世話人 2名 副代表は会計監事を兼任する
  3. 世話人 25名まで
    ※日本国内各地区(「北海道・東北」、「関東」、「東海・北陸・近畿」、「中国・四国」、「九州・沖縄」の5地区)に最低1名の世話人を置く。
  4. 顧問 2名まで

第六条(世話人の業務)

  1. 代表世話人は本会を代表するとともに会務を統括する。
  2. 世話人は本会の運営及び研究会開催に関する実務にあたる。
  3. 会計監事は会の財務を監査し代表世話人に報告する。
  4. 顧問は本会と学会の関係を円滑にする業務を行う。

第七条(会計)

本会の運営に要する費用は次のものをもってあてる。
本会の会計年度は4月1日より翌年の3月31日までとする。

  1. 研究会参加費
  2. 賛助会員協賛
  3. 企業広告費
  4. その他の諸収入

第八条(会計監査)

本会の決算は監事の監査を経て、世話人会の承認を受けるものとする

第九条(事務局)

本会の事務局を以下施設内に置く。
聖路加国際病院 心臓血管外科内
住所: 東京都中央区明石町9-1
E-mail: info@jaycs.jp
事務局業務は、株式会社メディカルプラットフォームへ委託する。

第十条(会則の改定)

  1. 本会則は世話人会の議決により改訂する事が出来る。
  2. また、細則や内規を別に定める事が出来る。
  3. 本会則に定めのない事項は世話人会に置いて協議し決定する。

付則

  1. 本会則は平成 20年 10月28日をもって発行する。平成21年5月15日,平成25年11月26日に改訂された。
  2. 名称は「心臓外科医の会」であるが対象領域は心臓外科のみならず血管外科を含む。