29ON

東京大学研修時代に大変お世話になった縄田先生、井戸田先生、シカゴ大学研修時代に大変お世話になった太田先生と29ONという肉のお店に行ってきました。29を特別な方法で調理しているみたいで、とても珍しいお店でした。 29で何かを巻いて食べるものがとても美味しかったです。今年食べた29の中では一二を争うくらい美味しかったです。縄田先生がご馳走してくださったこと、何よりTシャツをスタイリッシュに着こなして…

ここ五年間で1番のサンクス

病院のトイレの個室で用を足していたら、隣の個室に駆け込んできた人がいました。 その人は勢いよく用を足して、すごくほっとした様子でした。続いてトイレットペーパーをカラカラする音が聞こえてきました。不思議なことに、なかなかそのカラカラ音が終わりません。むしろ、段々強くがむしゃらな感じになってきます。しまいには、息遣い荒くガシャガシャし始めました。 私はこれはと思い、躊躇することなく、私の個室にあったト…

なんでも冷やしたがる地域

わたしは北原先生のブログを楽しみにしている者の1人ですが、ある日、ふと「いったい北原先生とはどんな先生なんだろう?」と思い、突然メールしてみました。ホントに突然メールしました。北原先生のお話は彼を知る先生から少し話は聞いており、北原先生は非常に優秀な先生でかつ努力の人であるという情報は持っていたのですが、ブログもまた面白いということで彼に興味をもってしまったわけであります。すると、何通かのメールの…

引っ越し moving out

シカゴのマンションから荷物を全て引き払い引越し、というか退去の準備が完了しました。ベッドなどでかいものは全て地下のゴミ置場においていきましたが、なんなら怒られるかもしれません。 全てが終わったあとの部屋です。独り身には無駄な1LDKで一月17万円払っていました。かなり高いです。所帯持ちやダウンタウンで生活している人はもっと高いみたいです。留学にはやはりお金がかかるみたいです。 北原 大翔卒業年度:…

チームWADA学生部(仮)〜フォロー制度とヒポクラテスの誓い〜
チームWADAブログ / 2018-10-26

こんにちは、学生の星です。この度は對馬くんと一緒に学生部ブログを書かせていただくことになりました。今回は学生部ブログ第6弾です。今回は僕の大学で行われているフォロー制度についてです。   その前に先日はドラフトでした。僕は小さい頃から西武ファンなので今回の松本選手一本釣りには思わずテレビの前でガッツポーズしてしまいました。今年の西武は辻監督の下、守備中心の堅実なチームになるかと思っていま…

シカゴの引き継ぎ

シカゴ大学に残る幸田先生にワンホイール(電動スケボー、かっこいい)の引き継ぎを行いました。これでもう思い残すことはないです。 北原 大翔卒業年度:2008年 現在勤務地:MedStar Washington Hospital Center 所属:心臓外科 2019年の1月からアメリカで働き出しました。質問などあれば気軽に連絡ください。 メール:kitaharahiroto@yahoo.com fa…

シカゴに戻ってきました 5日目

シカゴももう5日目になりました。こんな中途半端な期間だけどうして戻ってきたの?と聞かれますが、たしかになぜ戻ってきたのかもはや自分でも謎になっています。 今日は、ノースウエスタン大学でフェローをしていて来年度からコロンビア大学に行くことが決まったKAKU先生(いい意味でやばい)とそのきれいなアメリカに順応しまくりの奥さん(いい意味でやばい)、5年間シカゴにいて同じことの繰り返しばかりしていると言い…

シカゴに戻って来ました 3日目

シカゴに戻ってきて3日目です。時差ボケと久しぶりに英語を話すストレスから昨日は16時間くらい寝ていました。今日は星くんに紹介してもらったシカゴ在住の淑女(気品のある、しとやかな女性。あるいは品格・徳行のそなわったレディーの意)とシカゴ大学循環器内科の新田先生と食事に行きました。淑女のお二方はとても楽しそうに話をしてくれて、とても美味しそうにご飯を食べてくれて、とても楽しい感じの会にしてくれました。…

シカゴに戻ってきました 1日目

シカゴに一瞬だけマンションの荷物引き払いのために戻って来ています。 マンションにあるベッドやテレビなどの大きなものをどう処分するか困っています。日本だと業者に取りに来てもらったりなど大変ですよね。アメリカではよくわかりませんが、とりあえずそっとマンションの下のゴミ捨て場においていこうかと思っています。 シカゴ大学にもお邪魔して太田先生に会ったりしました。お昼くらいに太田先生のオフィスにいったのです…

旭川医大での日々 から一時帰米

アメリカに戻るまでの間、旭川で働いていましたが、一旦マンションに置きっ放しの荷物を引き払うためにシカゴに戻ることになりました。 突然旭川で働かせていただくことになったのですが、スタッフの皆さんはぼけっとただ歩いてるだけの僕をやさしく見守ってくれました。たまたま人が少なかった時には冠動脈バイパスや大動脈解離の手術を執刀させていただく機会もいただきました。紙谷教授には「アメリカで修行してきた実力を存分…