キットカット

2017-09-21

大変ご無沙汰しております。ドイツ心臓血管外科学会への演題登録が終わり、大学院博士課程の論文審査の為一時帰国し、入籍の手続きを済ませようやくひと段落しています。
病院での勤務はすっかり最近病棟当番が増え、土日の日直が任せられるようになりました。
なんとなくどんとこいといったくらい、何があってもなんとかできる程度には慣れてきました。

平日の病棟当番は基本的にシニアレジデントが監督、その下に下っ端の我々がせくせく働きます。9月のシニアはイボンヌという女医さんで、1歳半になる娘さんがいます。今年で8年目と言っていたのでお医者さん歴は私と一緒。とても気持ちのいい同僚です。彼女のために頑張って働こうと思わせられるそんな同僚です。

そんな彼女から、一時帰国から戻って一言。「次はいつ帰るの?」と。

話を聞くとキットカット抹茶味にすっかりはまってしまったよう。普段はハイブリッドチームにいる彼女は日本からたびたび訪れるSymetisの見学の方、引率の日本人の方からたびたびキットカット抹茶味をお土産でもらいすっかり気に入ったようです。次は是非買ってきてほしいと目を輝かせて頼まれました。

日本からの知人に頼み本日手渡すと大喜び

日本からのお土産はいつも悩むところですがキットカット抹茶味ははずさないようです

卒業年度:2010年
留学前勤務:滋賀医科大学医学部付属病院、岸和田徳洲会病院
現在勤務地:Univercity Heart Center Hamburg
所属:Assistenzärztin

2015年7月より渡独し、大動脈弁二尖弁の研究と臨床修練のため現在ハンブルクに
勤務しています。ドイツでは2015年秋より外国人医師就労における制度変更があり、
留学されていらっしゃる先生方は私も含め史上最大の困難に突き当たっています。
現在医師就労試験に向け準備中ということもあり、準備や対策、そのほかドイツでの
医療・生活情報に関してもご報告できれば幸いです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です