クリスマスマーケットとOSCE会議

2016-12-10

ドイツでの生活情報をご報告させていただきます。

ドイツではクリスマスの4週間前よりクリスマスマーケットが各都市で始まります。

私の暮らすハンブルクでも市庁舎前や繁華街などでマーケットがにぎわっています。

クリスマスツリーの飾りを扱うお店やグリューワイン・窯焼きパン・ソーセージ・チーズのお店などいろいろな店舗が軒を連ねます。

私も何度か訪問しました。今回ハンブルクでOSCE会議が開催され各国より外務大臣もクリスマスマーケットを訪れたようです。

現地ニュースでは警察が厳戒態勢を引いていること、そのためあちこちの道路で渋滞が起こっていること、なんとか無事に会議が終わったことなどが報じられています。その中でアメリカのケリー長官がハンブルクを訪れ、会議の合間にクリスマスマーケットに足を運んでいる様子がニュースでも報じられていました。

 

オペ中も麻酔科の先生やME、看護師とラジオでクリスマス音楽を流しながら雑談に興じます。

聖ニコラスの日(ドイツではクリスマスではなく、この日に子どもたちはプレゼントを受け取ります)を過ぎ、お子さんをお持ちの先生方はやっとプレゼントのプレッシャーから解放されたようです。日本でも同じような光景があったなとほほえましい思いでした。

 

15232224_10211108348244082_4945736756468112104_n 15219653_10211108345644017_7740825664724555200_n

卒業年度:2010年
留学前勤務:滋賀医科大学医学部付属病院、岸和田徳洲会病院
現在勤務地:Univercity Heart Center Hamburg
所属:Assistenzärztin

2015年7月より渡独し、大動脈弁二尖弁の研究と臨床修練のため現在ハンブルクに
勤務しています。ドイツでは2015年秋より外国人医師就労における制度変更があり、
留学されていらっしゃる先生方は私も含め史上最大の困難に突き当たっています。
現在医師就労試験に向け準備中ということもあり、準備や対策、そのほかドイツでの
医療・生活情報に関してもご報告できれば幸いです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です