43 こんにちは。

2018-07-02

チームWADA@焼津の田中です。
編集長からの再投稿依頼が予想以上に早く、会員を増やす必要性を感じている今日この頃です。
本日は私が勤めている焼津市立総合病院外科を少し紹介したいと思います。
当科の最大の特長は外科でひとくくりになっているため、疾患の幅が非常に広いことです。
甲状腺・呼吸器・消化器・乳腺・血管といった幅広い症例を常時経験することができます。また緊急が多いことも特徴です。地域中核病院なので、ありとあらゆる疾患が緊急でやってきます。大腸穿孔も非常に多いです。
そんな中、指導医の先生方からは、「安全で合併症の少ない」手術を学ばせて頂いていると感じています。逆説的な表現になりますが、静かにゆっくり急いで手術をするという表現が合っているように思います。他の病院でトレーニングをしても同じセリフになってしまうかもしれませんが、外科医としてのスタートを焼津で送れてよかったと思っています。
来年度からはいよいよ心臓外科に進む予定で楽しみでなりませんが、今は一般外科医として一歩ずつ着実に精進していけたらと思っております。
なんか真面目な感じになってしまいましたが、最近のJAYCS留学ブログの方向性とバランスをとってこのような文章になったということでお願いします。

卒業年度:2008年
現在勤務地:旭川医科大学
所属:心臓外科

2018年の8月にシカゴ大学の心臓外科フェローを終えました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です