正規フェローとの絡み

2017-01-09

img_1898どこもそうかもしれませんが、正規フェロー(ブライアン)との絡みは微妙です。彼は11月から心臓外科の研修を開始しました。研修初日の夜中に大動脈解離が緊急であったのですが、彼を呼ばずに手術を終えると“自分が呼ばれないのにヒロがやってるのはおかしい”、“僕にも連絡して〜”とごねたらしく、スタッフミーティングで問題になりました。その後も何度か同じようなことでごねてました。

今はブライアンと相談して(お伺いをたてて)手術の予定を決めてるのであまりごねることはなくなりました。

先日、早朝から移植があった時にブライアンが「ヒロは移植に優先的に入っていいよ」と言って手術をゆずってくれました。その日は午後からMVRの手術があったのですが、ブライアンは昼頃に再び手術室にやってきて「ヒロはMVRの患者最初から見てるから入ってきていいよ」と言って胸を閉めるのを代わりにやって僕をMVRの方へ行かせてくれました。めっちゃいい奴じゃん、と思いましたが要は金曜だったので早く帰りたかったというだけでした。こっちとしては嬉しいのですが、なんじゃそりゃ感は満載でした。

 

写真はでかいハリボーグミとjaw breakerというとんでもなく硬い飴のでかいやつ

卒業年度:2008年
現在勤務地:旭川医科大学
所属:心臓外科

2018年の8月にシカゴ大学の心臓外科フェローを終えました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

2件のコメント

  • 北原 大翔 2017-01-11 at 1:57 PM

    まずくてとてつもなく固い飴です。どこに叩きつけても決して割れることはありませんでした。この硬さは飴を何層にも重ね合わせることにより得られるようです。

  • Jo 2017-01-11 at 10:55 AM

    え、それ飴ですか? 日本的には完全にスーパーボールですね。色といい、サイズといい。
    同僚とうまくやっていくことが成功の鍵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です