Superior transseptal approach

2018-02-14

 僧帽弁へのアプローチですが、日本にいる時はclassical approach(右側左房切開)しか見た事がありませんでした。

 タイに来てDr.Taweesakは全例superior trans septal approachで行っています。こちらはMS患者も多く、またRAが大きい患者さんも影響しているかと思いますが、非常に見やすいです。
ただ結構LA roofに切り込むので、初めはドキドキしていましたが、今では慣れてしまい、自分も深く切り込んでいます。
SV node arteryはバッチリ切ってしまうのですが、AV blockが続く事はありません。(長くても2日くらい)。
しかし順調に行くためには、それぞれのプロセスにピットフォールがあり、それを2年間叩きこまれました。
日本に帰ってからもこの経験が役に立てばと思います。

(写真は再手術患者のCXRです。)

卒業年度:2002年
留学前勤務地:昭和大学江東豊洲病院
留学先:Central Chest Institute of Thailand (CCIT)
所属:Clinical Fellow

2016年4月よりタイにあるCCITに留学しています。CCITはバンコクの隣ノンタブリ県にあり
年間約1000例の開心術を行っています。この病院には僧帽弁の形成術で有名な
Dr.Taweesakがおられ、僧帽弁形成術の割合がタイの他病院に比べて高くなっています。
リウマチ性僧帽弁狭窄症に対する形成術も積極的に行っています。月曜日から水曜日までは
基本的にDr.Taweesakの手術に入り形成術の手技について学んでいます。
木金は他のstaffの手術に参加しています。現在、毎週6~10件の手術(胸部疾患含む)
に参加しています。現在タイには私以外にも留学されている先生方がいらっしゃいます。
施設により研修内容が異なるので、その先生方の記事も含めて情報を発信していけたらと
考えております。どうぞよろしくお願いします。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です