血はダメだけど心臓はいいんだ?まぁとりあえず手術

2018-02-28

心移植が朝っぱらからありました。ジェイミー(同期フェロー)が鼻息荒く昨日の夜から“私が入るから、ふんふん“と意気込んでたので、僕はゆっくりと手術室に行きました。すると、ジェイミーの姿はなく、なぜかとなりのバイパスの部屋にいました。なぜ?と思って見ているとこっちの方に歩み寄ってきました。“調子どう?“と聞くので“グッド“と答えました。“バイパスの方に入ることにしたの?“と聞くとなぜかややキレ気味に“もう消毒してるから、入るから、ふんふん“と言ってました。いや、なぜ?どっちでもいいけど、なぜキレてる、なぜバイパス手術に入ることにしたのを言ってくれない。なぜ。

心移植の患者は輸血拒否してる人で、なぜか輸血拒否してる仲間達もオペ室に2人くらい入ってました。なんか手術中もその2人の仲間達は談笑してました。チーフの趣向で輸血拒否の患者が多いのですが、心臓はいいんだ、と思いました。手術はなんとなく終わりました。

 

北原 大翔先生への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com 電話:312-838-0406

卒業年度:2008年
現在勤務地:旭川医科大学
所属:心臓外科

2018年の8月にシカゴ大学の心臓外科フェローを終えました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

2件のコメント

  • 北原 大翔 2018-03-01 at 12:33 PM

    調べてみると解釈の仕方によって各個人でだいぶ変わってくるみたいです。

  • takebe 2018-02-28 at 9:53 PM

    他人のものを入れるのは不浄だという宗教なんだとおもってた!心臓はいいんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です