チーフから朝4時に電話がきて手術

2018-03-20

月曜の朝、今日はポートアクセスAVRあるなーとか呑気に考えてたら、朝4時にチーフからモーニングコールがありました。なんか緊急でIVAS(intravascular ventricular assist systemというバルーンパンプを鎖骨下動脈から植え込んで、LVADの代わりになるかなーみたいなノリの機械)の取り替えが必要だと。チーフが電話してくるくらいなので一大事なのかと思い病院に向かいましたが、結局手術始まったの7時からで、わりと普通にきた人達もわらわらと参加してました。電話なんの意味があったんだろう。手術中は手技がどうこうよりも、あーでもないこーでもないと言ってる間に手術が終わりました。デイビット(チーフの手伝いをするおじさん、IVASのスペシャリストになりつつある)が手術中何か考えているのか時々ポーズするのがたまらなくもどかしかったです。そのあとにリドゥのバイパスがありましたがそれもなんとなく終わりました。

 

 

 

北原 大翔先生への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com 電話:312-838-0406

卒業年度:2008年
現在勤務地:旭川医科大学
所属:心臓外科

2018年の8月にシカゴ大学の心臓外科フェローを終えました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

2件のコメント

  • 北原 大翔 2018-03-20 at 10:41 PM

    なんかえらい切迫した感じでした。子供の頃イタズラしたのがバレそうになった時みたいな。

  • takebe 2018-03-20 at 11:56 AM

    朝4時のチーフからの電話っていやね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です