傷がでかい小さいと言い合う手術

2018-04-14

小さい傷のAVRでした。スーチャーレスバルブを使ってました。先日小さい切開で大腿動脈を開けたらロボ外科医がやや不満げだったということもあり、今日は少し大きめに開けてみたら(やりづらかったというのもありますが)大きくなりすぎました。それをみたロボ外科医バルキーは大喜び。「見てみて、胸の傷より大きくない、ねぇ」とご機嫌?でした。マッケンジーは「ヒロは賢いから、前回バルキーが小さい切開に対してジェラシーをいだいたと感じて、あえてやや大きめの傷を作ったのね」と解説していました。バルキーはあははは、と上機嫌でした。その話を気に入ったのか、たまたま手術室に来た太田先生にしたり、別の人にしたり何回も使ってました。そして手術は終わりました。

 

北原 大翔先生(m3.comでコラム、MediGateで週刊北原を連載中)への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

卒業年度:2008年
現在勤務地:旭川医科大学
所属:心臓外科

2018年の8月にシカゴ大学の心臓外科フェローを終えました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

6件のコメント

  • 北原 大翔 2018-04-15 at 3:27 AM

    真の匿名さんがMICSが大嫌いなことはよくわかりました。

  • Takebe 2018-04-14 at 9:20 PM

    結構肺がくっついて、そらことみーの後のほうが大変な感じがするのよね。
    ミニすてるのとみーのあとのミニすてるのとみーでのRedoはほとんど苦労しないけど…スペースが結構あることがほとんどだし。フルにするにしても、RV部分がくっついてないから、すっとあくし。
    傷も感染するのみたことないけど…
    みにすてるのとみーが好みですわ。

  • Takebe 2018-04-14 at 8:33 AM

    そらことみーのメリットがいまいちみえないのよね。みにすてるのとみーのほうが痛くなさそうなんですけど。
    りおぺのときたいへんだし。内視鏡下でやるにも、クランプ時間伸びそうだし。パーシバルみたことない。

  • 真の匿名 2018-04-14 at 5:08 AM

    胸骨部分切開では問題ないですが、右小開胸のAVRではスーチャレスバルブかなりやりづらくないですか?特にintuityはバルブがちゃんとシートしてなくて、やり直した経験が2度あり、トラウマになってます。パーシバルはまだましですがやりづらいことに変わりないです。僕だけでしょうか?

    • 北原 大翔 2018-04-14 at 8:32 AM

      パーシバルしか見たことないのですが、intuityはどんな感じで違うんですか?

      • 真の匿名 2018-04-14 at 11:58 AM

        逆L (もしくは逆T)の方がリオペ大変でしょう。閉めるのもよりpainfulだと思います。右小開胸の方がさらに傷がちっちゃく済むのと、胸骨がスペアできるから感染の面のもメリットあるでしょう。個人的には両方大っ嫌いです。intuityはbulkyなスカートが下についてて視野とスペースが限られているとやりずらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です