Prosthesisに関して

2017-02-25

国により、施設により、医師により使用しているProsthesisはそれぞれ異なるのだと思うのですが、
みなさんどのような人工弁を使用されていらっしゃるのかと少し気になったので、海外にいらっしゃる先生方、また日本の先生方どのような弁を使用されていますか?

ちなみにHamburgでの使用弁を以下の通り記載させていただきます。

①大動脈弁置換 生体弁
Medtronic Hancock II:最も頻用
Edwards Magna Ease:教授のみ(高いので?!)
Edwards Magna
SJM Trifecta:主に狭小弁輪
Sorin Perceval:主に小開胸・狭小弁輪に

②大動脈弁置換 機械弁
Sorin Carbomedics

③僧帽弁置換 生体弁
Medtoronic Hancock
Edwards Magna

④僧帽弁形成 リング
Edwards Physioring II
Edwards IMR ring:虚血性僧帽弁閉鎖不全に
Sorin MEMO

⑤三尖弁形成 リング
Contour 3D
Edwards Cosgrove

写真は近くのパン屋さんです。パン屋さんで朝食をとり少しゆっくりした週末を過ごしました。日曜日にはお店が閉まるのでみんな土曜の朝からパン屋さんで並んで週末のパンを買います(たぶん主に旦那さんの仕事っぽい)。

 

卒業年度:2010年
留学前勤務:滋賀医科大学医学部付属病院、岸和田徳洲会病院
現在勤務地:Univercity Heart Center Hamburg
所属:Assistenzärztin

2015年7月より渡独し、大動脈弁二尖弁の研究と臨床修練のため現在ハンブルクに
勤務しています。ドイツでは2015年秋より外国人医師就労における制度変更があり、
留学されていらっしゃる先生方は私も含め史上最大の困難に突き当たっています。
現在医師就労試験に向け準備中ということもあり、準備や対策、そのほかドイツでの
医療・生活情報に関してもご報告できれば幸いです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です