コードブラウン手術

2018-05-23

ある日、LVADと弁をいくつかいじる手術がありました。手術終了後ドレープをとっているとショーン(オペナース)が「コードブラウンだ」と叫びだしました。コードブラウンとは手術中に排便がみられた際に発動されるコードで、基本的にはみんな悲しい気持ちになります。みんなしてお尻を綺麗に洗っていましたが、今日はなぜかみんな楽しそうでした(なんかわいわいしてました)。

ベッド移動の際、移動を手伝おうと患者の近くにいくとショーンが「まだ止まってないかもしれないわ(便が)」と冗談を言ってきたので、たまたま近くにいたジム(perfusionist)に「ジム、この位置変わってくれるかい?」と言ったところ、小さくウケました。アメリカにきて初めて狙って笑いを取ることに成功しました。おかげで手術は無事に終わりました。

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です