step up

2017-04-08

留学先で任せてもらえる手技に関してはかなりの幅があると思います

日本にいればきっとそろそろ内胸ハーベストが板につくくらいの学年なんだと思うと外国で修練を重ねることが本当に外科的修練につながっているのか、という疑念に心をさいなまれることがあります

一方でアメリカに留学された先輩は卒後5年で渡米し留学2日目に内胸ハーベストを任されたとおっしゃっていました。

日本のようにチャンスを与えていただくのをじっと練習してまつ、というのはドイツではどうやら違うようで、自分はこれがしたい・これができると主張して手技を勝ち取っていくのがこちらでの正解なようです。ハンブルクに異動後1年たってようやく第一助手が定位置となり正中切開を任せてもらえるようになってきました。閉創しか任せてもらえずぐっとこらえる日々が続き、カニュレーションや内胸ハーベストを任せてもらえるのはいったいいつになるものかとはるか遠くを眺めていましたが、ようやく開胸からカニュレーションを任されました。数人の上級医からは帰国するまでに大動脈弁置換くらいの執刀は何例か指導しようと声をかけてもらえました。最近になりようやく待機要員として名前を勤務表に挙げてもらえるようにもなりました。

主張をせず、ひたむきにただじっと頑張るという侍スタイルはヨーロッパでは通用しないのかと思いながら主張できないでいる自分に落ち込む日々でしたが、頑張っていれば見てもらえているのかもしれないことに喜びつつ。

写真は帰宅途中にさく桜?です。日本よりも開花は早かったようです。

卒業年度:2010年
留学前勤務:滋賀医科大学医学部付属病院、岸和田徳洲会病院
現在勤務地:Univercity Heart Center Hamburg
所属:Assistenzärztin

2015年7月より渡独し、大動脈弁二尖弁の研究と臨床修練のため現在ハンブルクに
勤務しています。ドイツでは2015年秋より外国人医師就労における制度変更があり、
留学されていらっしゃる先生方は私も含め史上最大の困難に突き当たっています。
現在医師就労試験に向け準備中ということもあり、準備や対策、そのほかドイツでの
医療・生活情報に関してもご報告できれば幸いです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です