ロボット バンクーバーの話

2018-06-12

ロボットの冠動脈バイパス術でした。バンクーバーで行われるISMICSが近いこともあり、バンクーバーの話で盛り上がっていました。というか、初日の発表で使うビデオ(RIMA-RCAバイパスをロボットでやるというマニアックな発表)がなくて、どうしようどうしようとロボット外科医と共に頭を抱えていました。とりあえずLIMA-LADのビデオを反転させて使う作戦を考え、見た目的にはなかなかいい作品ができたのですが、スタビライザーに書いてある文字が反転していることに気づきやめました。「やっぱチート(だます)しちゃダメだね、うん」と2人で納得しました。

そのあと輸血を拒否してる患者の解離の手術がありました。テイ(若手アテンディング)の症例でした。輸血は使用しませんでしたが、かわりに循環停止はせずにクランプだけで終わらせました。「ちょっとチートしてるけど、まぁ結果オーライだね、うん」と2人で納得しました。その日2回目のチートでした。手術は終わりました。

卒業年度:2008年
現在勤務地:旭川医科大学
所属:心臓外科

2018年の8月にシカゴ大学の心臓外科フェローを終えました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です