プレートガール手術

2018-06-21

ある日、大動脈弁置換と変な腫瘍を取る手術がありました。先日の胸骨プレートの業者さん(綺麗な人)のことをレイラニ(オペナースの長)に話してみると「あ、あのプレートガールのことね。なに、ヒロ気があるの?」と言ってきました。続けてアグネス(オペナース)も「ヒロー、気があるんでしょ、わかるわ」とちゃかしてきました。すると周りの人も、大事な時の会話はちっとも助けてくれないのにこういう時に限って参加してきて「ヒロ、あの子好きなの?」「ヒロ、今デートしてる人いないの?」「ヒロ、私がシングルだったらデートしてあげたのに」「ヒロ、やっぱあの子のこと好きなのね〜」と好き勝手に言っていました。僕は一つ一つの質問に答えられるほど英語力もないので「アイ ライク エブリワン」という最近アイドルでも言わないようなクソ寒い発言をしてお茶を濁しました。

その日もプレートガールに会えると楽しみにしていましたが、閉胸時にいつもプレートガールが立っている位置には大きな男の人が立っていました。どうやら今日はプレートボーイの日だったみたいです。「ヘイ、ヒロ。ワッツアップ」とか言ってました。手術は終わりました。

卒業年度:2008年
現在勤務地:旭川医科大学
所属:心臓外科

2018年の8月にシカゴ大学の心臓外科フェローを終えました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です