スーパーオペナース手術

2018-06-30

ある日、三尖弁置換術がありました。

手洗いナースはアグネスでした。アグネスは入ったばかりの頃どうしようもなくできない手洗いナースだったみたいで、チーフの手術からキックアウトされて上司の太田先生の手術にずっと入っていました。ところが、3年という時を経て今では誰よりも僕たちの手術のやり方を知っており、ものすごいやりやすい手洗いナースとなっています。大器晩成型だな、と太田先生も言っていました。手術中も小気味よく第二助手なんかもしてくれるアグネスを、いいねーと言ってると太田先生が「ヒー ラブズ ユー」と翻訳してくれました。アグネスは「嬉しいわ、結婚してなかったらデートしてあげたかったのに、私もラブよ」と完壁に近い返答をしてくれました。さらには「私はデートできないけど、ヒロのためにこの前プレートガール(胸骨プレートの業者さん、綺麗な人、プレートのネジを補充するのが仕事)の連絡先を聞いておいたのよ」と言っていました。もうそんじょそこらのオペナースではたどり着けない、スーパーオペナースになってしまったみたいです。手術は終わりました。

卒業年度:2008年
現在勤務地:旭川医科大学
所属:心臓外科

2018年の8月にシカゴ大学の心臓外科フェローを終えました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

2件のコメント

  • 北原 大翔 2018-07-01 at 6:51 PM

    今のところラッキーが連続で起こっているので、実は彼女の方も僕のこと気になっていた、というラッキーが来ると思っています。

  • takebe 2018-07-01 at 11:36 AM

    むしろひとから番号きいたほうがやりにくそうだねー。でも、だれかいれて呑み会して、そのひとに途中でぬけていただくという算段でいかがでしょうか。彼氏がいたら、すぐ解散

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です