見た目

2017-04-11

私は今年で36歳になるのですが、見た目が幼く見えることと、現地の人達が老けて見えることもあって、どこに行ってもかなり若く見られてしまいます。お酒を買うのにIDを要求されますし、病院では初めてあった人からはレジデントだと思われます。また、英語もネイティブに比べると下手くそなので始めのうちはかなりぞんざいな扱いをされること多かったです。

一年間が経過して、皆の態度がとても優しくなったのですが、その要因の一つに病棟でのちょっとした処置などを僕より若い先生達に教えてあげたことがあったかと思います。こちらの医師達は日本のように病棟でCVを入れたり挿管をしたりドレーンを入れたりという経験があまりないため(麻酔科やICUドクターがやります)、そういったことを教えてあげるととても喜んでくれました。また、手術中でもグラフトの採取などを積極的にレジデントや若いレジストラに教えてやらせてあげるとそれ以降とてもいい感じで接してくれるようなりました。言葉だけで説明するのは難しいですが、見せれば分かってくれることが多いのでそんなに難しくはありませんでした。

他の国の事はわかりませんが、オーストラリアで同僚から愛されるためにはそういうやり方もあると思います。参考になればうれしいです。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です