テンポラリーぺーシングワイヤーをいつ抜くか

2018-07-05

開心術後の患者さんは、基本的に全例でテンポラリーペーシングリードをつけて病棟に戻ってきます。そして、4日目に抜きます。患者さんがワーファリンを飲んでいる場合は、INRが3.5以下であれば抜いていいことになっています。ブリスベンのプリンスチャールズのときは確か2.5以下だったような気がします。日本にいたときは2.0か2.5以下だったような気がします(あいまいな記憶ですが)。この一年間でペーシングワイヤー抜去後に多くの問題が起こったという印象がないので3.5以下でも意外にいけるもんなんだなと思っているところです。

ドレーンを入れるときも、INRや抗凝固に関するしばりはあまり強くないです。今週は病棟当番なので、コンサルタント達の要望で多くのドレーンを入れたのですが、昨日今日で入れた3人の患者さんのINRの平均は2.7でした。また、別のある患者さんはプラザキサを内服中でした(昨日と今日で一本ずつ両側にドレーンを入れました)。ドレーンといっても細い12Frだから問題ないのかもしれません。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です