ダブルフェロー参加 無限大手術

2018-08-04

ある日、ニューパルスというIABPを体内に植え込む手術がありました。

約3ヶ月ぶりくらいに正規フェローも戻ってきていました(ジェイミー)。その日のニューパルス担当はデイビッド(おっさん)であったため「ジェイミーが入ってくれる、よかったー」と思っていたら(デイビッドの手術には極力入りたくない)普通に人が必要だから手伝ってと呼ばれました。フェローが同じオペに入ってはいけない、というくそみたいな鉄の掟を1年半の間守り続けてきたのですが、それはあっけなく崩れました。手術は様々なトラブルが起こりデイビッド+ダブルフェローで無限とも思えるような時間を過ごしました。あまりに耐えきれなくなったのと、夜にラーメンを食べに行く予定が会ったので「ごめん、ちょっと抜けていい?」と言い途中で抜けました。途中で抜けた時のジェイミーの寂しそうな顔が忘れられません。手術は終わったと思います。

 

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です