日本の呼吸器外科

2018-09-01

オーストラリアでもニュージーランドでも日本の医療はとても進んでいると見なされていますし、実際そうだと思います。ですので、よく「日本ではどうやってるの?」と聞かれます。

心臓外科領域の事でいえば、オフポンプバイパス(心臓を動かしたままの冠動脈バイパス術)や大動脈解離(日本はAUやNZに比べて解離の手術がとても多い)について聞かれます。

もう一つ良く聞かれるのは、肺外科領域の事です。日本の肺外科はとても有名なようで、度々日本のやり方とか有名な先生の事とか聞かれます。日本にいたときには全く関わっていなかった(日本では心臓外科医は肺外科手術をしない)のですが、何となく誇らしく思います。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です