PIN(ピン)なのかPen(ピン)なのか

2018-09-01

ご存知の方も多いかと思うのですが、ニュージーランド英語では、Eを「エ」ではなく「イ」の音で発音します。https://eikaiwa.dmm.com/blog/21866/

ですので、Penは「ペン」ではなく「ピン」みたいに聞こえます。一方で、Iも「イ」の音で発音するので、PIN(Personal Identification Number 暗証番号)も「ピン」と発音します。

ニュージーランドに来た当初、電話口で何かの申請をしている時に、

(相手)「Do you have a ピン(Pen)(メモのための)?」

(私)「いや、ピン(PIN 暗証番号)はまだ持ってないよ(そもそも今申請してるじゃん!)」

(相手)「じゃあ、ピン(Pen)を準備してくれる?」

(私)「いや、だから、ピン(PIN)はまだないって。」

(相手)「じゃあ、少し待つからピンを探して」

(私)「いやいやいや。何度も言うけど、ピン(PIN)はまだ(略)」

という不毛かつ、相手にとってはイライラするやりとりをしました。恥ずかしかったので今まで誰にも言わないでいたのですが、本日、妻が全く同じやり取りをしたと私に告白してきてくれたので、ここに自信をもってこれを公表した次第です。

もしニュージーランド人に、ピン(Pen)と言われたらピンとくるようにしましょうね!

 

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です