移植の飛行機が墜落するかと思った

2018-09-10

先日乗った移植のための小型の飛行機(パイロット含めて6人乗り)が風のためとても揺れました。ひざに置いていたスマホが顔の高さまで浮いてくるというような不安定な飛行でした。死ぬかと思ったので、後日自分がどんな保険に入っているのか聞いてみました。

万が一、飛行機が墜落して死んでしまった場合は、約500,000ドル(3500万円くらい)のお金が国(?)から支払われるようです。

ウェリントンは世界一風が強い街とされている(1年のうち173日が風速16.5m/秒以上、https://shawnvoyage.com/top-5-windiest-cities-in-the-world/)ようです。少しトラウマになっているのでウェリントンにはあまり行きたくないです。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です