第一回チームWADA総会 〜月岡先生を囲む会〜

2018-10-10

胸部外科学会期間中の10月5日に第一回チームWADA総会が行われました。5人くらいの会の予定でしたが、最終的には45人くらいの方に参加していただき非常に盛会となりました。ただ、盛会だったのは参加してくれた方々の盛り上げ力によるところが大きく、僕自身は会を遂行する心構えや準備が全く足りていなかったことを痛感し、とても学ぶことが多かったです。

月岡先生を囲む会という副題でしたが、月岡先生は一時帰国することができず、代わりに月岡くん人形に参加してもらいました。

また、月岡先生には国際電話上で乾杯をしてもらいました。トラブルで月岡先生側からは全く状況がわからなかったと思いますが、こちらは大変盛り上がりました。

タイに留学していた中村先生にも参加していただきました。ゲストトークという形で話をしてもらおうと思っていたのに忘れてしまったり、ドイツ留学中の内藤先生への国際テレビ電話がトラブルによりできなかったり、とにかくぐずぐずでした。そして何よりお二人には大変申し訳なかったです。

色々な施設の若手の医師が参加してくれました。殆どの人達がチームWADAってなに?状態でしたが、総じて良かったです。もちろん、チームWADAを知っていて、わざわざこのブログに書いてあるメールアドレスに事前に連絡をくれた方もいました。非常に嬉しいです。

Jaycs事務局の大泉さん、平田さんや、m3.com(コラムやっている)、Medigate(コラムやっていた)の編集の方々など、連絡は取り合っているけど実際には会ったことない人達とも会うことができて嬉しかったです。

学生や研修医などの超若手組も参加してくれました。僕の出身大学の女学生も来ていましたが、僕が話しかけると、憧れの先輩に話しかけられたことに感激してしまったのか、目がハート形になっていたような気がします。

倉敷中央病院の島本先生も途中参加してくださり、このブログを見てるとおっしゃっていました。島本先生のジェントルマン感のおかげで会の格式が100倍くらい高まりました。後日Tシャツを送らせていただきます。

獨協の桐谷先生をはじめとした女子心臓外科達もちらほらと参加してくれました。どうにかならないかなと話しかけたりしましたが、他の人に会話を止められたりといい感じになることは叶わず、非常に悔しい思いをしました。第二回総会では男女比半々くらいのいわゆる広義の合コン的な感じにするのが当面の目標です。

本当は来てくれた人全てについて書こうと思ったのですが、ちょっと無理でした。とりあえず渡邊先生チャレンジャーズライブ頑張ってください。

卒業年度:2008年
現在勤務地:シカゴ大学
所属:心臓胸部外科
役職:クリニカルフェロー

2016年の9月からシカゴ大学の心臓外科でフェローとして働き始めました。何かあればブログに書いていこうと思ってます。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

3件のコメント

  • OTA 2018-10-12 at 5:28 AM

    ジェ、ジェントルマンって!?スガキヤの店員さんかと思ってました。

  • 北原 2018-10-10 at 8:35 AM

    ありがとうございます。次回はもう少し準備をしっかりします。

  • 月岡 2018-10-10 at 7:53 AM

    夜中1時に北原先生のおでこのアップ映像を凝視しながら、口伝で乾杯の音頭をするというのはなかなか貴重な経験でした。ありがとうございます。
    そんなに人が集まったんですね!いつもながら先生方の企画力、行動力には心から驚かされます。これからもワクワクする企画でみんなを楽しませてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です