移植が最近多い

2018-10-13

10日間で5件の移植のprocurement(retrieval)がありました。

それなりに楽しくやっているのですが、1つ問題があります。たまにスーパーガツガツ系の腹部外科医がいることです。

何に不満なのか行きの飛行機の中から「ファッキン、ファッキン」言っています。1文に必ず1ファッキン入れないと気がすまないようです。術中も左肘で押してくるし、IVC(下大静脈)の長さの交渉の時もまくし立ててきて何を言っているか全く分かりません。不思議なことに採取し終わった直後からとっても優しく良い人になります。

感情の起伏が激しい人と一緒に働くのは疲れます。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です