ガーゼパッキングによる止血

2019-01-13

解離術後などのじわじわ止血に関してですが、日本にいたときは完全に止血が得られるまでは意地でもICUに戻らないという感じだったと思うのですが、プリンスチャールズやオークランドではその姿勢がかなり異なります。

ある程度アクティブな出血がコントロールされたと思ったら、とても長いガーゼみたいなもの(McFarlane roll)で縦隔内をパッキングして、サクッとICUに戻ります。これで1~2日間ICUで過ごして止血が得られた後に、もう一度オペ室に戻って閉胸という感じになります。

最初見たときはそんなんでいけるのか思いましたが、問題なくいけているようです(縦隔炎も個人では経験していないと思います)。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

2件のコメント

  • takebe 2019-01-14 at 4:10 AM

    たしかにパッキングはもすこしフレキシブルに日本でもしていいきがしますよね。2日くらいおいとけば止血されますし。

    • 月岡 祐介 2019-01-14 at 6:50 PM

      置いておくだけで結構綺麗に止血されちゃいますよね。カピカピになったガーゼを剥がして、止血されているのを確認するのが結構気持ちいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です