ニュージーランド手術室の手指消毒剤事情

2019-02-08

移植の仕事の関係でNZの大きめの病院の手術室のほとんどすべてに行きましたが(約20病院)、どこの病院でも判で押したように下記の三種類の手指消毒剤(同じ製品)が置いてあります。

1.ポピドンヨード:イソジンのこと。

2.クロルヘキシジン:皮膚に対する刺激が少なめ。

3.アバガード:手に塗り付けるタイプ。保湿剤が含まれているので肌に優しい。

アバガードが昨年導入されてから、楽なのと肌に優しいという理由から過半数の外科医がこれを使用しています。私もこれを使い始めてから手荒れが劇的に改善しました。今までのルーチーンを守りたい先生方は1か2を使っています。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です