Frauentag 女性の日と健康診断

2019-03-12

先日3月8日は国際女性デーということですが、大学病院では毎年人事部のお兄さんが女性職員にのみニコニコとバラの花を配りに病棟を回ってくれます。今年ですでに4回目。年月の経つはやさには驚かされます。

そんなに時間がたってからやっと健康診断に足を運ぶことにしました。日本のように職員健康診断のようなものは実施されず自分で病院の予約をして、各科の検診を受けることになります。健診費用は保険会社が基本うけおってくれます。+αでの診断を希望する際は自腹であるという文書にサインをして、診察。日本のように全員強制での職員健康診断や、市町村からの検診のお知らせはがきなどはなく自己管理となるためよっぽどきちんとした人でないと健康はおろそかになりそうです。

卒業年度:2010年
留学前勤務:滋賀医科大学医学部付属病院、岸和田徳洲会病院
現在勤務地:Univercity Heart Center Hamburg
所属:Assistenzärztin

2015年7月より渡独し、大動脈弁二尖弁の研究と臨床修練のため現在ハンブルクに
勤務しています。ドイツでは2015年秋より外国人医師就労における制度変更があり、
留学されていらっしゃる先生方は私も含め史上最大の困難に突き当たっています。
現在医師就労試験に向け準備中ということもあり、準備や対策、そのほかドイツでの
医療・生活情報に関してもご報告できれば幸いです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です