オペ室の人達が全員違う国出身だった事

2019-04-07

ニュージーランドは移民の国なのでとても沢山の人種の人が働いています。中でも中国人、インド人、フィリピン人が多いです。

先日のオペ室は、全員が違う国出身でした。

術者(私、日本)、アシスタント(ニュージーランド人看護師)、器械出し(フィリピン)、外回り看護師(サモア、中国、インド)、麻酔科(ドイツ)、麻酔科助手(ポーランド)、パフュージョニスト(中東)

初めて海外に出たときは、自分の日本語なまりの英語が恥ずかしかったのですが、みんなそれぞれの母国語でなまっているので、それほど気にならなくなりました。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です