HVS 2019 in Sitges

2019-04-15

Heart Valve Societyという学会に2年ぶりに参加しました。前回はAortic valve repairの話が大半をしめていたきがしますが、今回は僧帽弁やTAVRの枠もかなりおおきくなっていました。バルセロナの郊外、リゾート地としてしられるSitgesという町での開催でした。一題でも通ればと三題欲張ってだした演題がすべてとおるという奇跡…。準備と構成の甘さそして英語発表のふがいなさを思い知らされました😢

出席されていらっしゃった日本人の先生方にはたくさん刺激をいただきました。日本だからこそ求められる心臓外科や将来のAmbitionにいたるまで。こういう先生方が日本の心臓外科を背負っていくんだなと思うと心が熱くなりました。先生方の背中を追って私もがんばります。

卒業年度:2010年
留学前勤務:滋賀医科大学医学部付属病院、岸和田徳洲会病院
現在勤務地:Univercity Heart Center Hamburg
所属:Assistenzärztin

2015年7月より渡独し、大動脈弁二尖弁の研究と臨床修練のため現在ハンブルクに
勤務しています。ドイツでは2015年秋より外国人医師就労における制度変更があり、
留学されていらっしゃる先生方は私も含め史上最大の困難に突き当たっています。
現在医師就労試験に向け準備中ということもあり、準備や対策、そのほかドイツでの
医療・生活情報に関してもご報告できれば幸いです。

2件のコメント

  • 北原 大翔 2019-04-17 at 5:52 AM

    スペインいいですね。サグラダファミリアとかダリ博物館とか。羨ましいです。

  • 月岡 祐介 2019-04-15 at 4:02 PM

    3つも演題凄いですね。見習いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です