暴れる患者さん 体の大きい警備員

2019-04-27

先日同僚が、暴れている患者さんから蹴られるという事件がありました。体の大きな患者さんだったのですが、すぐ様駆けつけてきたもっと体の大きい警備員さん達(190センチ100キロ超みたいな人達)5-6人にあっさりと鎮圧されていました。

日本だと患者さんが暴れていても、医療従事者が前線で戦って解決しなければいけない場面が比較的多いと思うのですが、NZではすぐに大きな警備員が駆けつけて来てくれるので非常に安心です。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です