はじめてのエクモ

2019-05-16

この前解離の手術を朝から予定するためにもともと予定されていた同僚(といっても20歳くらい上)の手術をバンプ(ずらす)したら、その腹いせなのか手術直前にECMOをおしつけてきました。1日何件も手術してる人からしたらどうでもいい1件ですが、こちらとしてはどんな症例でも大切なお金になる1件なので喜んで受け入れました。

ということで病棟でDCはじめてのECMOを行なったのですが、アテンディングになってからとフェローの時との違いは圧倒的にみんながサポートしてくれるところだと思いました。シカゴでフェローの時は、あわあわしてても周りはあんまり何もしてくれず、なんか頼んでも「は?ていうかお前誰?」みたいな感じで(最初の頃は)、結局自分で全部準備してやっていたのですが、アテンディングだからなのか慣れてるのか何も言わなくてもすげー手伝ってくれました。

そして、かつてあれだけ嫌いだったエクモですが、案外好きかも、と思い始めています。

写真は病院のヘリコプター。エクモトランスファーは今のところこの病院ではやっていないので良かったです。DCの空港までがけっこう遠いので、移植などがあると虚血時間短縮のために空港までの移動に使われます。心臓を取ってきてくれるバイトのドクターが使っているみたいです。

卒業年度:2008年
現在勤務地:MedStar Washington Hospital Center
所属:心臓外科

2019年の1月からアメリカで働き出しました。質問などあれば気軽に連絡ください。

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

face bookアカウント:北原大翔~モテたい心臓外科医、米国へ渡る~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です