研修医のカバーとテストアラーム

2019-05-01

本日は当直なのですが、当番の研修医が風邪を引いて出勤できないので、研修医の仕事もしなければいけません。

研修医は他にもいるから、研修医同士でカバーしてよとは思うものの、研修医の権利は守られているので私が彼らの分も働かなければなりません。

いつもなら、「これ、やっといてね!」と丸投げしてしまう細々とした雑用や他科へのコンサルトをしなければなりませんし、レジストラの仕事である他科からのコンサルトや手術予定の変更など厄介な仕事もしなければいけません。

そんなとても忙しい日に限って、ポケベルのテストアラームが鳴ります。腰につけたポケベルがけたたましく鳴って「Chest opening」と表示されます。全てを投げ出して電話してみると、

「テストよ。結構早かったわね。まぁ、合格よ。」

と言われます。何とかならないですかね。

卒業年度:2007年
留学前勤務:イムス葛飾ハートセンター
現在勤務地:Auckland City Hospital(ニュージーランド)
所属:Senior Registrar

2016年からブリスベン、2017年からニュージーランドで研修を行っています。これから留学を考えている方の参考になればうれしいです。
質問などあればseiri45@yahoo.co.jpまでどうぞ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です