ニュージーランドでコンサルタントをやられている日本人医師はおそらく5人以下だと思うのですが、Whangarei Hospitalで感染症コンサルタントをされている青柳有紀先生の記事がでました。とても興味深いです。是非読んでみて下さい。http://www.ecube.co.nz/content/2049

お久しぶりです。「平凡」でおなじみ、医学部医学科6年生の對馬です。今年の5月にシカゴ大学心臓外科医局に留学させていただき、太田先生、北原先生をはじめとした多くの先生にお世話になり、その際にチームWADAに入部(?)させていただきました。今回は7月(https://jaycs.jp/blog/?p=4370&cpage=1#comment-3846)に同じくチームWADA所属の星くんと話して...

とりあえずシカゴの研修も終わり日本に帰ってきました。とりあえず円が全くないので北海道でバイトをしました。内科外来のバイトでしたが、初めて初期研修医の時に学んだこと(ピーエル顆粒やカロナールなど)が役に経ちました。 写真は北海道の南の方の海です。

2016年9月から始まったシカゴ大学におけるLVAD/移植フェローシップが終わりました。LVAD/移植とか言っておきながら最終的には色々やっていました。よくトレーニングの質に関して正規の方が優先される施設がある、と聞きますが、やる気のないレジデントの多いシカゴ大学ではむしろ非正規の僕の方が充分なトレーニングを受けることができたと思っています。他を知らないのでなんとも言えませんが、トレーニングも受け...

オーストラリア・ニュージーランドでは冠動脈の部位を数字で示すことはあまり一般的ではないようです(少なくともブリスベン・オークランドでは)。左の写真のような感じで表現します。日本にいたときは右の写真のように4PDとか数字で言っていたと思います。

先日、DCD肺移植の採取をしました。脳死移植と違い、温阻血時間の事もあり、とても慌ただしい採取でした(特に腹部外科が)。 ニュージーランドで3例目のDCDの肺移植だったので大がかりな感じでしたが、うまくいき患者さんも元気に退院されました。

ティファニーがラーメンを食べます。

鹿児島大学医学部6年の原 裕明です。普段からこのブログを拝見しており、今回北原先生よりご指名いただいてブログを書いています。 私は今回、心臓血管外科サマースクール2018に初めて参加しました。 LIVE手術やハンズオン等、これ以上ないほど内容の充実したセミナーに、大満足の2日間となりました。 当日は心臓血管外科に特化した解剖を学んだ上で、ナートからバイパス血管の吻合、ASD閉鎖、さらにはステントグ...

お邪魔いたします。影武者変態です。 何事もちょうどいいのがちょうどいいと思うんですよね。 小学校の時は、ジーンズの半ズボンかジャージ。中学校の時は制服かジャージ。高校の時も制服かジャージ。大学の時は変なオレンジ色のトレーナーかジャージ。医師になってからはほぼ常にスクラブ(オペ着)。 アメリカに渡ってもFellowのうちはずっとスクラブで過ごしていました。ついで昔から家にいる時はジャージで寝る時もジ...

2018サマースクール時に出していたプレゼントの応募を締め切ります。(2018年9月15日 昼12時 日本時間) 7名の方からメールをいただきました。正解者の中から抽選で1名に「アメリカ縦断心臓外科見学ツアー」をプレゼントします。抽選にもれた人にも残念賞をあげる予定です。ご応募ありがとうございました。

夏の終わり

このブログでごく稀に登場する麻酔科レジデントのティファニーとシカゴ最終日前日にランチに行ってきました。 お店の前には「冷やし中華始めました」の看板がありました。ココロという日本食レストランで、初めて入ったのですがとても美味しく「知るのが少し遅かったね」なんて話をしていました。 ティファニーは僕がシカゴに来た最初に心臓外科を回っていた麻酔科レジデントで、とても可愛らしかったので、思わず連絡先を聞いて...

移植の飛行機が墜落するかと思った

先日乗った移植のための小型の飛行機(パイロット含めて6人乗り)が風のためとても揺れました。ひざに置いていたスマホが顔の高さまで浮いてくるというような不安定な飛行でした。死ぬかと思ったので、後日自分がどんな保険に入っているのか聞いてみました。 万が一、飛行機が墜落して死んでしまった場合は、約500,000ドル(3500万円くらい)のお金が国(?)から支払われるようです。 ウェリントンは世界一風が強い...

佐賀大学医学部6年の赤司佳史です。

今回初めてサマースクールに参加して、講師の先生から基本的な手技とその応用までご指導していただいたこと、同じ志をもった同級生と二日間を通じて各々自主的に取り組んでいることや心臓血管外科医を目指すようになったきっかけなどの話ができたこと、そして滅多にお会いできない先生方と医局や経験の積み方について色々と話をすることができ、楽しく有意義な2日間を過ごすことができました。

どうも11 変態の科学 (影武者バージョン) V4.5.6.4.5.6.1.1.

お邪魔いたします。影武者サンアントニオカウボーイ大野兄貴ゲイ120%変態でございます。 変な人多いですよね。 包括的に一言で言うと「変態」ってやつです。そしてそのほとんどは自身のことを普通だと思っている。しかしそれはある意味当然起こりうる事象だと思います。人は自分が単なる社会の中の一人であり、世の中のほとんどのことは自身を介在せず回っていると認識できているはずです。しかしながら、人自身が一生物であ...

ニュージーランドで看護師として働く ~病棟の看護師さんの視点⑥~

以下、病棟で働いている看護師さん(淺川真由美さん)に書いて頂いた文章です。他にも興味があることがあればmayuminasakawa@gmail.comにメールを送ってみて下さい。 日本とニュージーランドにいる看護師の方々から様々なお問合せをいただきました。ありがとうございます。他にもご質問等あれば、コメント欄に入れていただければ、次回そのことについて書かせていただきたいと思います。 まず、ニュージ...

海外旅行記7:フィンランド縦断800km(ロヴァニエミ〜ヘルシンキ(フィンランド))

こんにちは。学生の星です。平成最後そして学生最後の夏休みも終わり、また実習の毎日を過ごしています。最近友達から「星、北原先生のブログでなんか書いてるよね」というコメントをもらうことが増えてきました。この「なんか」にはsomethingの意味と「なんでお前が海外旅行の話書いてんのかよくわかんないけど」というニュアンスが含まれてるっぽいです。   本題に戻ります。3年前の夏の終わりに僕はスコ...

牛角

フィラデルフィアから手術見学に来たたけべ先生とともに牛角を食べに行きました。この日の牛角はビールから肉に到るまでかなり美味しかったです。