My name is Clare and I am a nurse practitioner in the Cardiothoracic ICU (CTICU) at University of Chicago Medical Center. I work with Dr. Ota in the CTICU, and he asked me to write about my experience...

週に一回はマックを食べたくなる時があります。ポテトにはケチャップやバーベキューソースをつけると美味しいので好きですが、あえて頼むほど好きでもないので特に頼んだりはしていませんでした。この前ビッグマックミール(セットをミールと言う)を頼んで持ち去ろうとすると店員が「ケチャップはいるかい?」とわざわざ呼び止めてきました。まぁ断るのもあれだしもらっとくか、と袋を差し出すと大量のケチャップを袋の中に投げ込...

ワシントンDCの医師免許はおりましたが、病院のプリビレッジなるものがおりるのと薬の取り扱いの免許がおりるのに時間がかかり、結局何もせずに過ごしています。何もせずにとは言っても本当に何もしてないわけではなく、お昼ご飯食べたり、ラテを飲んだり、お金貯まったらどんな車買おうかなぁと中古車情報をみたりして過ごしています。 この前連続で日本食屋さんに行く機会がありました。日本食屋さんの店員はすぐに箸入れを取...

アメリカのボストンにあるBrigham and Women’s HospitalのTransplantation Research Centerで移植免疫の基礎研究をしている上原麻由子と言います。この度、北原先生にお世話になる機会があり何か記事を書いて欲しいとのことで、私の基礎研究留学の体験を書いてみました。 私は島根医科大学を卒業後、2年間横須賀共済病院で初期研修をして、札幌医科大学の第二外科(...

トーマスジェファーソン大学心臓外科(Philadelphia, PA, USA)でClinical Fellowを1名募集しています。詳細は下記の通りです。開始時期の兼ね合いから米国もしくは北米在住の方が優先される可能性があることは御了承ください。もし興味のある方は御連絡ください (大平卓  Suguru.Ohira@jefferson.edu)。 内胸動脈採取など手技はできるに越したことはありま...

ニュージーランドの移植界におけるスーパースター月岡先生から不思議な置物をいただいたので部屋に飾っています。不思議とパワーをもらえます。気持ち部屋の臭さも取れたような気がします。月岡先生、臭いを取ってくれる不思議な置物をありがとうございます。

以下、病棟で働いている看護師さん(淺川真由美さん)に書いて頂いた文章です。他にも興味があることがあればmayuminasakawa@gmail.comにメールを送ってみて下さい。 ニュージーランドでは、マスクをする習慣がありません。日本では、病院で働いている時も、インフルエンザや花粉の季節に外を歩く時にも、日常的にマスクをしますが、ニュージーランドでマスクをしていると、とても嫌な顔をされます。 私...

移植の仕事の関係でNZの大きめの病院の手術室のほとんどすべてに行きましたが(約20病院)、どこの病院でも判で押したように下記の三種類の手指消毒剤(同じ製品)が置いてあります。 1.ポピドンヨード:イソジンのこと。 2.クロルヘキシジン:皮膚に対する刺激が少なめ。 3.アバガード:手に塗り付けるタイプ。保湿剤が含まれているので肌に優しい。 アバガードが昨年導入されてから、楽なのと肌に優しいという理由...

ワシントンDCに来てから電気自転車を購入し、快適なバイク生活を過ごしていました。ところが、今日病院に行く途中でうんこを踏んでしまいました。特に気にしていなかったのですが、そのままオフィスまで乗り上げるとオフィス中が臭くなるという事件にまで発展しました。この日のために部屋に大量のティッシュが用意されていたのか、と神の意図を感じましたが、なぜか部屋にあったはずの大量のティッシュは無くなっていました。と...

皆様、初めまして。岐阜大学医学部医学科五年の塩見です。 北原先生からリクエストをいただき、私が行っているクラウドファンディングについての記事を書かせていただきます。 ちなみに、以前からチームWADAのファンでしたので、関われたことをとても嬉しく思っています。   今回は以下の二つを中心としてお話ししたいと思っています。 ・心臓外科を目指すためになぜクラウドファンディングを始めたのか ・ク...

アメリカ縦断心臓外科見学ツアー当選者発表

昨年の心臓血管外科サマースクール後に行われたクイズに全問正解し、2019年度チームWADA Foundation Fellowship(アメリカ縦断心臓外科見学ツアー)を獲得した当選者を発表します。 当選者は静岡県立総合病院研修医の若見先生に決まりました。 ツアーは来年の1月頃を予定しています。若見先生には旅の様子などを報告してもらおうと思っています。

月刊シカゴ:  木下友希の”。。。。舐めていいですか?”

シカゴ大学幸田です。月刊シカゴ:木下編および4ショットがこれで最後と思うとさびしい限りです。   と思いきやもう一枚。   去り行くポジティブモンスター木下。 ウルグアイでも頑張ってくださいね。 東欧の美人、ハワイ挙式、受付太田、余興太田、ギャルソン太田の夢を叶えてくださいね。 ちゃんと今回の旅のブログも書いて投稿してくださいね。   是非またシカゴへ。

月刊シカゴ: 木下友希の”まあそういわずに。匂いを嗅ぐだけですから。ね、ね?”

シカゴ大学の幸田です。本日も失礼します。寒さが厳しくなりミシガン湖も凍るような状況ですが、木下先生の情熱と行動力はシカゴ4日目でも健在です。今日もシカゴ支部は元気です。   彼の辞書に休憩の二文字はないのでしょうか。隙があれば即練習。   ステーキハウスギブソンにて。シカゴカット。ニューヨークストリップ。太田先生。フィレ。角刈りのエディマーフィーの髪のボリュームが少なめみたいな...

ワシントンDCの医者の食べるラーメン

時間あったので2日かけてワシントンDC内を歩きまくりました。そして、3つのラーメン屋さんに行きました。 「だいかや」と「じんやラーメン」はワシントンDCのラーメンで調べると必ずでてくるお店で、どちらも美味しかったです。 だいかや じんやラーメン   家の近くの「DC noodles」という怪しい名前の店にも行ってみましたが、割と美味しかったです。

月刊シカゴ:木下友希の”触れませんので匂いだけ嗅いでもいいですか?”

シカゴ大学の幸田です。本日も失礼いたします。夜に男4人、4m四方の部屋でカップラーメンをすすりつつ、2時間かけて木を使って彫ったり塗ったりしました。開始時点では想像もできませんでしたが、そこには一種の連帯感、心地良さがありました。歳をとると何にでも理由を求めたくなりますが、一見な   それぞれの作品です。人柄が良く出ていると思いました。  

月刊シカゴ:木下友希の”もうちょっと近くで匂いを嗅いでもいいですか?”

クリニカルフェローの西田先生も加わり、さらに賑わいをみせるシカゴ支部。そんな朝の風景であります。     循環器内科の藤野先生、新田先生、そして木下先生としんじゅ寿司へ。昼はオペ室でチーフのバルに臆することなく質問し、夜は循内の両先生の高尚な話を傾聴し、さらに発展的な質問を投げかけるという現段階で非の打ち所のない木下先生の行動力と変態的なスペックに圧倒されつつ、これはいかんと天...

電話中に話しかけてくる人が多い

今週は病棟当番なので、電話を握りしめ走り回っています。昨日は午前中だけで50件の電話が鳴りました。3年前と違い、何を言われているか(大体)分かるので、昔ほどストレスはないのですが、それでも嫌な仕事であります。 一番嫌な事のひとつに、私が電話している最中にいろんな人が横から普通に話しかけてくるというのがあります。あれは一体なんなんですかね?日本語でも難しいのに英語だと訳が分からなくなります。

月刊シカゴ:木下友希の ”匂いを嗅いでもいいですか?”

シカゴ大学リサーチフェローの幸田と申します。日本からシカゴ大学に木下友希先生が見学に来てくれました 。彼は卒後2年目にも関らず、自分がこうありたいという将来の心臓血管外科像をしっかりと見据え、なおかつ綿密にそれに向けて行動するという末恐ろしい男子であります。身長188cm、笑顔がキ

ワシントンDC医師留学記

アメリカの首都の割にはニューヨークとかロサンゼルスに比べてわりと影の薄いワシントンDCに来ました。働けるのが来週からということで、とりあえず色々なセットアップをしています。今回はSSNやら銀行やらのめんどくさい手続き系がないのでだいぶ楽です。 まずは家を借りました。いい感じのところですが市内なので高いです。1ルームで月20万円くらいしました。 その後ワシントン内を2日かけて歩きまくりましたが、特に...