ニュージーランドでコンサルタントをやられている日本人医師はおそらく5人以下だと思うのですが、Whangarei Hospitalで感染症コンサルタントをされている青柳有紀先生の記事がでました。とても興味深いです。是非読んでみて下さい。http://www.ecube.co.nz/content/2049

お久しぶりです。「平凡」でおなじみ、医学部医学科6年生の對馬です。今年の5月にシカゴ大学心臓外科医局に留学させていただき、太田先生、北原先生をはじめとした多くの先生にお世話になり、その際にチームWADAに入部(?)させていただきました。今回は7月(https://jaycs.jp/blog/?p=4370&cpage=1#comment-3846)に同じくチームWADA所属の星くんと話して...

とりあえずシカゴの研修も終わり日本に帰ってきました。とりあえず円が全くないので北海道でバイトをしました。内科外来のバイトでしたが、初めて初期研修医の時に学んだこと(ピーエル顆粒やカロナールなど)が役に経ちました。 写真は北海道の南の方の海です。

2016年9月から始まったシカゴ大学におけるLVAD/移植フェローシップが終わりました。LVAD/移植とか言っておきながら最終的には色々やっていました。よくトレーニングの質に関して正規の方が優先される施設がある、と聞きますが、やる気のないレジデントの多いシカゴ大学ではむしろ非正規の僕の方が充分なトレーニングを受けることができたと思っています。他を知らないのでなんとも言えませんが、トレーニングも受け...

オーストラリア・ニュージーランドでは冠動脈の部位を数字で示すことはあまり一般的ではないようです(少なくともブリスベン・オークランドでは)。左の写真のような感じで表現します。日本にいたときは右の写真のように4PDとか数字で言っていたと思います。

先日、DCD肺移植の採取をしました。脳死移植と違い、温阻血時間の事もあり、とても慌ただしい採取でした(特に腹部外科が)。 ニュージーランドで3例目のDCDの肺移植だったので大がかりな感じでしたが、うまくいき患者さんも元気に退院されました。

ティファニーがラーメンを食べます。

鹿児島大学医学部6年の原 裕明です。普段からこのブログを拝見しており、今回北原先生よりご指名いただいてブログを書いています。 私は今回、心臓血管外科サマースクール2018に初めて参加しました。 LIVE手術やハンズオン等、これ以上ないほど内容の充実したセミナーに、大満足の2日間となりました。 当日は心臓血管外科に特化した解剖を学んだ上で、ナートからバイパス血管の吻合、ASD閉鎖、さらにはステントグ...

お邪魔いたします。影武者変態です。 何事もちょうどいいのがちょうどいいと思うんですよね。 小学校の時は、ジーンズの半ズボンかジャージ。中学校の時は制服かジャージ。高校の時も制服かジャージ。大学の時は変なオレンジ色のトレーナーかジャージ。医師になってからはほぼ常にスクラブ(オペ着)。 アメリカに渡ってもFellowのうちはずっとスクラブで過ごしていました。ついで昔から家にいる時はジャージで寝る時もジ...

2018サマースクール時に出していたプレゼントの応募を締め切ります。(2018年9月15日 昼12時 日本時間) 7名の方からメールをいただきました。正解者の中から抽選で1名に「アメリカ縦断心臓外科見学ツアー」をプレゼントします。抽選にもれた人にも残念賞をあげる予定です。ご応募ありがとうございました。

送別会 with 麻酔科レジデントのふちた&若月先生

シカゴ滞在最終週を満喫しています。 今日はRPM Steakというダウンタウンにあるイケてるステーキ屋さんで送別会をしました。思い返せば一番最初に太田先生に連れてきてもらったのもこの店で、それから何度もシカゴに誰かが訪れるたびに使ったいわゆる思い出の場所です。RPMにはじまりRPMに終わる、です。ベーコンが美味しいのでぜひシカゴに来ることがあったら行ってみてください。 送別会には太田先生、統計の神...

バーベキュー@シカゴ

もう9月ですね。KAKU先生(真ん中 白)のマンションにあるパーティールームでバーベキューを行いました。バーベキューをするのが昔からの夢だったのでとても充実感がありました。といってもほとんどこうだ先生(左下 緑)が準備から何からしてくれましたが。

シカゴ大学最後の手術

シカゴ大学最後の手術に太田先生と入りました。 最後の手術はheart mate II exchangeでした。本体とグラフトを繋いでいるコネクターを外すのがとてもしんどく、指がつりそうになりました。 北原 「これ、しんどい手術ですね」 太田先生 「あー、しんどいで」 のやり取りをコネクタを回す度に(計4回)行いました。 8月31日午後11時半、手術と、僕のシカゴ大学フェローシップが終わりました。と...

PIN(ピン)なのかPen(ピン)なのか

ご存知の方も多いかと思うのですが、ニュージーランド英語では、Eを「エ」ではなく「イ」の音で発音します。https://eikaiwa.dmm.com/blog/21866/ ですので、Penは「ペン」ではなく「ピン」みたいに聞こえます。一方で、Iも「イ」の音で発音するので、PIN(Personal Identification Number 暗証番号)も「ピン」と発音します。 ニュージーランドに来...

朝のコーヒータイムは苦行

先日も書いたように、現在のボスはアリソン(55歳)という英語の聞き取りのとても難しい西洋人の先生です。かなり気難しいのですが、幸い私のジャパニーズスタイルの勤務態度を気に入ってくれているみたいで、良くしてもらっています。 問題は、空き時間があるとコーヒーに誘われることです。英語の聞き取れない気難しいボスと丸1時間マンツーマン英会話を楽しげに成立させないといけないというのは骨が折れます。手術や医療に...

日本の呼吸器外科

オーストラリアでもニュージーランドでも日本の医療はとても進んでいると見なされていますし、実際そうだと思います。ですので、よく「日本ではどうやってるの?」と聞かれます。 心臓外科領域の事でいえば、オフポンプバイパス(心臓を動かしたままの冠動脈バイパス術)や大動脈解離(日本はAUやNZに比べて解離の手術がとても多い)について聞かれます。 もう一つ良く聞かれるのは、肺外科領域の事です。日本の肺外科はとて...

どうも10 復活のD!(影武者バージョン) V9.9.1.2.5.5.

お邪魔いたします。シカゴ大学太田、通称サンアントニオカウボーイ大野兄貴ゲイ120%変態でございます。 私はどちらかというと、大事な大まかなことはすぐに忘れますが、どうでもいい細かいことはいつまでも覚えている質です。みなさん大好き大人気の「どうもブログ」ですが、先週の投稿にて最終回を迎えたようですね。最終回に際し、コアなどうもブログファンの皆様から大分反響があったようです。どうもブログの継続を願う投...

ロボットして手術

ある日、ロボットで冠動脈バイパス術をして、その後小開胸の大動脈弁置換術をするという、どうしても正中切開をやりたくないロボット 外科医の真骨頂みたいな手術がありました。 ロボット を含め小開胸の欠点はなにか起きた時に困ることなんだと思います。その日もロボットバイパス中に心室細動になって困りました。胸が開いていれば除細動できるし心臓マッサージできるし簡単に人工心肺始められるしでそんなに困らないのですが...

ほそぼそと。。。V3.8.8.8.3.

お邪魔いたします。シカゴ大学太田です。 こんにちわ、チームWADAマラソン部門ほそぼそ活動報告です。誰も気にとめてないと思いますが、2ー3回目くらいの更新です。前回の投稿時から大きな変化がありました。「チームWADAマラソン部門部長決定!」です。前回の部員募集告知の際、最初に応募してくれた人は部長就任の特典付きということにしていました。そしてたった一人だけ応募してくれた人がいました。ズバリその人の...